大学 給付型奨学金 文科省

文科省に通常の奨学金制度に加え、給付型奨学金があります。

文部科学省の公式サイトによると、

独立行政法人日本学生支援機構において、意欲と能力のある者が経済的困窮のため修学を断念することがないよう、修学に必要な経費を支援するため、無利子の奨学金貸与のみでは修学が困難な者に対して、給付型奨学金を支給することにより、教育の機会均等を図る。


という事で、通常の無利息の奨学金では卒業後に返還を必要としますが、給付型の奨学金の場合は、返還義務がありません。

ただし、「親の年収や成績、居住地など、支給の条件が一般の奨学金よりも障壁が高い」ため、誰でも利用できる制度ではないところはありますが、これから大学入学を迎えるにあたり、選択肢を拡げておく事は大事な事だと思います。


<参考情報>



奨学金 返済が大変??

前にテレビで見た事があるのですが、日本学生支援機構のデータによると、奨学金」が返せない 困窮する滞納者33万人にも上り、その金額876億円となる事が紹介されていました。

この金額や人数を考えると、「奨学金を借入しても、返済目処が立たなくなるのではないか??」とう将来への不安を感じるところもあります。


このあたりは、キャッシングなどの借金と同じ事が言えると思うのですが、返済目処の立たない状況で、将来の借金を背負う事は大変リスクのある事ですし、今では大学卒業をしても就職できる保証もないわけですし、逆に返済が行われないと将来の学生が奨学金を利用できないという側面もありますので・・・

どうやって救済していくのか、回収するのかも、重要課題に上げられているようです。


奨学金 一括返済や繰り上げ返済も視野に

これもキャッシングと同じなのですが、奨学金を返済シミュレーション通りに返済しなくても良くて、時には余裕があれば一括返済や繰り上げ返済する事も考えておきたいものです。

特に、結婚するまでに奨学金返済を終えておくと、その後のライフイベント(子どもの誕生、マイホームや車の取得のためローンを組む、老後の備え)に対応する事もできます。


今回の新聞記事やテレビの特集を通じて、早期対応する事の大切さを学べました。




タメになるコンテンツが充実している、ブログランキングへ登録しています。

当サイトもより充実したコンテンツの提供をできますよう、努力しますのでよろしくお願い致します。

【にほんブログ村】
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ


【人気ブログランキング】




サブコンテンツ

このページの先頭へ